前へ
次へ

住宅に取り入れたいエネファームの装置

新しく建てられた住宅を見ると、住宅の外壁に建て長や四角のボックスを見かけるかもしれません。

more

周囲の開発でマンションの価格がつり上がりました

今住んでいるマンションが高値で売れそうです。
購入した時には周囲には特に何もなかったのですが、

more

職業名と資格名がミックスされている

不動産業に関心があっても、職業名と資格名が混合している人が多いといいます。
例えば、建築士は職

more

将来的に長く使える構造躯体を持った住宅

在来工法で住宅を建てるとき、まず基礎を作ってその上に柱を組んでいきます。
柱ができたら壁や屋根を取付け、後は設備を取付けていくことになるでしょう。
このときに基本となるのは最初の基礎の部分や柱の部分で、この部分がしっかりしていればそれ以外を交換するなどすれば長く使える可能性があります。
長期優良住宅の条件として、将来的に数世代にわたって構造躯体が使用できるかどうかがあります。
水回りなどの設備は一定年数経過すると傷みなどで交換が必要になりますが、柱などは丈夫なものを使っていれば交換することなく長く使えます。
壁などの交換だけで済ませられるかもしれません。
将来の家族が住みやすくしようとすると一番は一旦取り壊して新たに建てるのが良いのでしょう。
でもそれだとお金がかかりますし産業廃棄物も多く出ます。
基礎や構造が使える状態であれば、それを元に間取りや設備を変更するだけで新たな家族が住める住宅になります。
それが繰り返せる仕組みかどうかが問われます。

旭区で格安のトイレリフォーム

山梨県で土地探しからのお家建設

山梨で省エネリフォーム
季節問わず快適に過ごせるお部屋へと施工しますので、光熱費を抑えられるお家になります

山梨で新築住宅を建てよう

外断熱を使ったRCU工法の特徴についてご紹介
RCU工法は7つの特徴がありますが、1つ目の特徴は立地条件を選ばないことです。2つ目以降の特徴が気になる方はこちらへ

Page Top