前へ
次へ

職業名と資格名がミックスされている

不動産業に関心があっても、職業名と資格名が混合している人が多いといいます。
例えば、建築士は職業名であり資格名です。
試験に合格しなければ、名乗れない職業です。
しかし、インテリアデザイナーは職業名であって、資格試験がありません。
逆にインテリアコーディネーター試験がありますが、資格がなければできない仕事ではありません。
不動産業には、新しい風が吹いていて、内装リフォーム業が人気化しています。
それは、持ち家でも賃貸でも変わらず、特にインテリアに関心を持つ女性からの依頼が相次いでいます。
インテリアコーディネーターは、内装や住宅設備、家具やカーテンまでを提案してくれます。
モデルルームのコーディネートの経験者ならば、こんな家に住んでみたいデザインセンスに優れた人物ですから、憧れを叶えてくれます。
販売に特化していれば、この壁にはどんな壁紙がいいのか、機能やデザイン、予算との兼ね合いから瞬時に提案してくれます。
逆に、インテリアデザイナーは、室内空間を設計することが多く、建築士とインテリアコーディネーターなどの資格をあわせ持つ人が名乗っている印象です。

Page Top