前へ
次へ

資格の有無は契約前にしっかり確認しよう

建築士は国家資格で、法規に基づく建造物の設計や工事管理を担っています。
私たち消費者も、マイホームを建てる際に、不動産会社を介して紹介されるのが一級建築士です。
大規模なプロジェクトを含む、あらゆる建築物に関わるほどの仕業ですから、指名料を取られる場合もありますが、誰にもマネできない世界に一つだけの注文住宅を考えるならば、対価はあります。
しかし、通常の新築の一戸建て、リフォームの設計であれば、二級建築士でも対応できます。
もちろん、これまで携わった実績もチェックしてから契約しましょう。
また、建築・空間デザイナーという分野で活躍する者もいます。
建築士の資格を持っている者が建築デザイナーと名乗ることもあります。
リフォームのアドバイスをするのを専門にするアドバイザーもいますが、資格の有無は確認しておきましょう。
不動産業界のあるある、という話になりますが、何を仕事にしている人なのかを分かり易くするために使われている場合もあるようです。

Page Top